女性活躍・両立支援に積極的に取り組む企業の事例集

厚生労働省

女性の活躍推進・両立支援総合サイトトップ > 女性活躍・両立支援事例集トップ(事例検索) > 検索結果一覧

検索結果

133件がヒットしました。

フリーワード: 条件なし
企業規模: 条件なし
業種: 条件なし
取組内容: 条件なし
所在地: 条件なし
掲載年度: 条件なし
企業認定・表彰: 条件なし
  • 株式会社リビングイワイ (電気・ガス・熱供給・水道業)  (2019年度取材)

    男性中心の営業部門に積極的に女性を登用
    お客様に寄り添うことで社会的価値の高い会社を目指しています

    企業トップ
    取組内容

    仕事と育児の両立支援女性活躍推進女性採用拡大女性職域拡大

    設立 1992年
    本社所在地 奈良県奈良市
    事業内容 電気・ガス・熱供給・水道業(大阪ガス(株)委託業務(開栓・閉栓・機器修理等)、ガス機器販売・施工、リフォーム等)
    従業員数 35人(うち女性14人)
    特徴的な取組等
    • 昼休みを含め3時間まで中抜けできる中抜け休憩制度や子どもを連れた出勤を可能にすることで仕事と家庭の両立を支援。
    • 男性中心の営業部門に女性を積極的に配置することで女性従業員の業務の幅を拡大。
    企業認定・表彰等
  • 曙ブレーキ工業株式会社 (製造業) (えるぼし認定企業取組事例) (2018年度取材)

    企業トップ
    取組内容

    女性活躍推進女性管理職登用

    設立 1936年
    本社所在地 埼玉県羽生市
    事業内容 製造業-輸送用機械器具製造業-自動車
    従業員数 1,221人(うち女性191人)
    特徴的な取組等
    企業認定・表彰等 くるみん認定、えるぼし(認定段階3)、均等・両立推進企業表彰
  • アフラック生命保険株式会社 (金融業、保険業)  (2018年度取材)

    「ダイバーシティ」と「働き方の変革」を経営基本戦略の重点領域として定め、組織・人材基盤を強化。両立支援の各種施策の拡充および全従業員の柔軟な働き方を実践

    企業トップ
    取組内容

    仕事と育児の両立支援仕事と介護の両立支援テレワークフレックスタイム制男性育児参画女性活躍推進女性管理職登用

    設立 1974年
    本社所在地 東京都新宿区
    事業内容 生命保険業
    従業員数 4,790人(うち女性2,352人)
    特徴的な取組等
    • 「ダイバーシティ」と「働き方の変革」を経営基本戦略の重点領域として定め、組織・人材基盤を強化。両立支援の各種施策の拡充および全従業員の柔軟な働き方を実践
    企業認定・表彰等 くるみん認定、プラチナくるみん認定、えるぼし(認定段階3)、均等・両立推進企業表彰、イクメン企業アワード、ダイバーシティ経営企業100選 / 新・ダイバーシティ経営企業100選
  • 伊藤忠テクノソリューションズ株式会社 (情報通信業) (えるぼし認定企業取組事例) (2018年度取材)

    企業トップ
    取組内容

    仕事と育児の両立支援テレワーク女性活躍推進

    設立 1979年
    本社所在地 東京都千代田区
    事業内容 情報通信業
    従業員数 4,308人(うち女性680人)
    特徴的な取組等
    企業認定・表彰等 くるみん認定、えるぼし(認定段階3)
  • 株式会社イトーヨーカ堂 (卸売業、小売業) (えるぼし認定企業取組事例) (2018年度取材)

    企業トップ
    取組内容

    仕事と育児の両立支援再雇用制度女性活躍推進

    設立 1920年
    本社所在地 東京都千代田区
    事業内容 卸売業、小売業-小売
    従業員数 35,413人(うち女性24,789人)
    特徴的な取組等
    企業認定・表彰等 くるみん認定、プラチナくるみん認定、えるぼし(認定段階3)、均等・両立推進企業表彰
  • 株式会社NTTデータ (情報通信業) (えるぼし認定企業取組事例) (2018年度取材)

    企業トップ
    取組内容

    女性活躍推進女性管理職登用

    設立 1988年
    本社所在地 東京都江東区
    事業内容 情報通信業
    従業員数 11,263人(うち女性2,246人)
    特徴的な取組等
    企業認定・表彰等 くるみん認定、プラチナくるみん認定、えるぼし(認定段階3)、令和2年度なでしこ銘柄、ダイバーシティ経営企業100選 / 新・ダイバーシティ経営企業100選、100選プライム
  • 株式会社エノモト (製造業)  (2018年度取材)

    従業員が「幸せを実感できる会社」とするための取組

    企業トップ
    取組内容

    仕事と育児の両立支援男性育児参画

    設立 1967年
    本社所在地 山梨県上野原市
    事業内容 製造業(リードフレーム、コネクタ用部品等の設計・製作)
    従業員数 514人(うち女性78人)
    特徴的な取組等
    • 男性従業員の育児、家事参画を促進するため、育児休業を5日間有給化し、連続5日取得する制度を導入。
    • 失効年休を最大40日まで積み立て、育児目的、子の介護、家族の介護等に有給扱いとして利用可能な積立休暇制度を導入。
    • 出退時にICカードをかざすと残りの有給休暇日数や残業時間が表示される、見える化の取組により、年休取得と所定外労働時間削減を促進。
    企業認定・表彰等 くるみん認定、プラチナくるみん認定
  • 株式会社大塚製薬工場 (製造業)  (2018年度取材)

    仕事と育児を両立する従業員の声を聴き、より働きやすい職場を目指して制度を拡充しています

    企業トップ
    取組内容

    仕事と育児の両立支援テレワーク男性育児参画事業所内保育施設

    設立 1969年
    本社所在地 徳島県鳴門市
    事業内容 製造業(臨床栄養製品を中心とした医薬品、医療機器、機能性食品等の製造、販売及び輸出入)
    従業員数 2,297人(うち女性367人)
    特徴的な取組等
    • 従業員の声を踏まえ、年次有給休暇の半日単位での取得可能日数を10日に拡大するとともに、両立支援制度について紹介するハンドブックを発行。
    • 男性従業員の育児参画を促進するため、育児休業期間のうち3日間を有給化。
    • 大塚グループ社員のための大規模な事業所内保育所を利用可能。
    企業認定・表彰等 くるみん認定、プラチナくるみん認定
  • 生活協同組合おかやまコープ (卸売業、小売業)  (2018年度取材)

    30年以上前から仕事と家庭の両立に理解のある職場環境で育児・介護をする職員を積極的にサポート

    企業トップ
    取組内容

    仕事と育児の両立支援仕事と介護の両立支援男性育児参画女性活躍推進

    設立 1956年
    本社所在地 岡山県岡山市
    事業内容 小売業(食料品及び日用品の小売業)
    従業員数 468人(うち女性44人)
    特徴的な取組等
    • 子が3歳となった以降も、小学校2年生終了まで勤務時間を1時間短縮可能とし、育児中の職員が働き続けやすい環境を提供。
    • 育児休業期間中も職場とのつながりを感じてもらえるよう、毎月1回、部内報と在宅学習資料を送付。
    • ライフイベント前の早期のジョブローテーションにより、育児休業取得後のスムーズな職場復帰をサポート。
    企業認定・表彰等 くるみん認定、プラチナくるみん認定、えるぼし(認定段階2)、均等・両立推進企業表彰
  • 小浜信用金庫 (金融業、保険業)  (2018年度取材)

    「職員満足なくして顧客満足なし」をスローガンに、全国初の事業所内学童保育施設の開設等、画期的な取組を展開

    企業トップ
    取組内容

    仕事と育児の両立支援再雇用制度男性育児参画事業所内保育施設女性活躍推進女性管理職登用

    設立 1925年
    本社所在地 福井県小浜市
    事業内容 金融・保険業(信用金庫法に基づく金融業)
    従業員数 96人(うち女性43人)
    特徴的な取組等
    • 事業所内保育施設及び事業所内学童保育施設、保育手当により、職員の継続就業と経済的負担をサポート。
    • 義務化に先駆け、子の看護休暇(有給)を導入。子ども1人当たり5日間に加え、職員1人当たり3日間付与し、子の看護のほか、学校行事やPTA活動等に利用可能。
    • 男性の育児参画促進にもいち早く取り組み、福井県で初のプラチナくるみん認定を取得。
    企業認定・表彰等 くるみん認定、プラチナくるみん認定、えるぼし(認定段階3)、均等・両立推進企業表彰、ユースエール認定
  • 株式会社鹿児島銀行 (金融業、保険業)  (2018年度取材)

    行員のキャリア継続のため、両立支援制度の拡充、働き方改革を進めています

    企業トップ
    取組内容

    仕事と育児の両立支援男性育児参画事業所内保育施設女性活躍推進

    設立 1879年
    本社所在地 鹿児島県鹿児島市
    事業内容 金融業(普通銀行業務)
    従業員数 2,186人(うち女性820人)
    特徴的な取組等
    • 仕事と育児の両立支援のため、育児休業期間の一部を有給にするなど、法定を上回る基準で制度を整備。
    • 働き方改革の一環で、全部店19時までの完全退行とするとともに、11時間の勤務間インターバル制度を導入し、行員のワーク・ライフ・バランスを推進。
    企業認定・表彰等 くるみん認定、プラチナくるみん認定、均等・両立推進企業表彰
  • 鹿児島製茶株式会社 (製造業)  (2018年度取材)

    誰もが長く働き続けることができるよう、多様な人材が働きやすい職場環境づくりを進めています

    企業トップ
    取組内容

    仕事と育児の両立支援男性育児参画短時間正社員制度

    設立 1947年
    本社所在地 鹿児島県鹿児島市
    事業内容 製造・卸小売業(お茶の製造・販売)
    従業員数 117人(うち女性61人)
    特徴的な取組等
    • 短時間正社員制度により、繁閑期を問わず勤務時間を固定して勤務。
    • 時間単位で取得可能な看護休暇制度(有給)により、子どもの急な体調不良等にも柔軟に対応可能。
    • 閑散期に毎週木曜日のノー残業デーやメモリアル休暇、リフレッシュ休暇等を導入し、働きやすい職場環境を整備。
    企業認定・表彰等 くるみん認定、プラチナくるみん認定
  • 医療法人社団五色会 (医療、福祉)  (2018年度取材)

    職員が誇りを持って長く働き続けられる環境づくりのため、環境に恵まれた事業所内保育園の開設、ワーク・ライフ・バランス推進に注力しています

    企業トップ
    取組内容

    仕事と育児の両立支援男性育児参画事業所内保育施設短時間正社員制度女性活躍推進

    設立 1978年
    本社所在地 香川県坂出市
    事業内容 医療、福祉(医療、介護、福祉)
    従業員数 472人(うち女性280人)
    特徴的な取組等
    • ポニーと触れ合える、環境に恵まれた事業所内保育園を敷地内に開設。
    • 男性の育児参画を促進するため、育児休業の最初の7日間を有給化。
    • 職員のワーク・ライフ・バランス推進のため、年休取得促進、所定外労働時間削減に注力し、年休取得率は90%、月平均所定外労働時間は2時間を達成(2017年度)。
    企業認定・表彰等 くるみん認定、プラチナくるみん認定
  • 株式会社七十七銀行 (金融業、保険業) (えるぼし認定企業取組事例) (2018年度取材)

    企業トップ
    取組内容

    女性活躍推進女性職域拡大女性管理職登用

    設立 1878年
    本社所在地 宮城県仙台市
    事業内容 金融業、保険業-銀行
    従業員数 4,279人(うち女性2,337人)
    特徴的な取組等
    企業認定・表彰等 くるみん認定、プラチナくるみん認定、えるぼし(認定段階3)、均等・両立推進企業表彰
  • 株式会社新日本科学 (サービス業(他に分類されないもの))  (2018年度取材)

    女性のマネジメント能力の育成と「働くなでしこ委員会」による環境整備に取り組む。
    取組の結果、試験責任者に配置される女性割合が増加。女性管理職も増加。

    企業トップ
    取組内容

    仕事と育児の両立支援事業所内保育施設女性活躍推進女性職域拡大女性管理職登用

    設立 1957年
    本社所在地 鹿児島県鹿児島市
    事業内容 医薬品開発の受託研究事業
    従業員数 893人(うち女性450人)
    特徴的な取組等
    • 女性のマネジメント能力の育成と「働くなでしこ委員会」による環境整備に取り組む。取組の結果、試験責任者に配置される女性割合が増加。女性管理職も増加。
    企業認定・表彰等 くるみん認定、えるぼし(認定段階3)、均等・両立推進企業表彰
PAGE TOP